結果発表

月例コンペ成績上位者

森プロのゴルフ上達ワンポイントレッスン

第12回:目玉のショット

ボールが柔らかい砂のバンカーに直接入ると、めり込んで ”目玉焼き” のような状態になることがあります。
ボールのめり込み具合が深ければ、両足をより砂の中に埋め込んで足場をしっかりさせ、鋭く打ちこめるようにします。
アドレスではクラブフェースをスクエアあるいはクローズド気味に構えます。バックスイングでは手首のコックを早目に使います。ボールの手前の砂をクラブヘッドで鋭角に打ちつけ、砂を通したインパクトでボールを浮かせます。
このバンカーショットは、グリーンへ着地してもボールが止まりませんから、あらかじめランを予想し、落としどころを決めておいた方がよいでしょう。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5
ページトップへ