結果発表

月例コンペ成績上位者

先月に引き続き、来年2019年1月1日から施行される新規則、グリーン上での主なルール改訂について、下記をご参照ください。

 

繰り返しになりますが、施行の目的は2つ。

1.プレーの簡素化とスピードアップを促す。

2.競技人口の増加を目指す。

 

【パッティング時の旗竿の取扱い(プレーの迅速化を図る)】

旧:グリーン上からパッティングをする際、打ったボールがホールに立ったままの旗竿に当たると2打罰(旗竿に当たることを避けるため、アテンドしてもらい当たる前に取り除いてもらう)。

新:旗竿をホールに立てたままパッティングをすることができ、その旗竿に当たってボールが入ったしたとしても、無罰でホールインが認められる。

 

【グリーン上の損傷個所の修復】

旧:グリーン面での修復可能箇所は、ボールの落下によってできたボールマークと古いホールの埋め跡のみ。スパイクマークなどを修復すると2打罰(ホールアウト後であれば、気づいたスパイクマークは直しておくのがエチケット)。

新:人、動物、乗り物などによってつくられたグリーン上の損傷個所は、無罰で修復できる(自然にできたくぼみを平らにすることは不可)。

 

【グリーン面に触れる】

パッティングをする際、カップ付近のグリーン面を指先でこすって芝目の方向を確認した場合。これまではグリーン面のテストとみなされペナルティが科せられました。

旧:2打罰でプレー続行。

新:無罰。(ただしライの改善とみなされる場合、2打罰を受ける)

 

 

ページトップへ