結果発表

2014年3月竜王ゴルフ月例コンペ成績上位者画像

森プロのゴルフ上達ワンポイントレッスン

第2回:グリップ

グリップは体と腕の動きや力をクラブヘッドに伝える重要な役割をします。正しいグリップは正しいスイングを導き、距離と方向のいずれも満足させてくれます。

正しいグリップの基点となるのは自然体です。ゴルフでいう自然体とは両腕をだらりと垂らして直立し、上体を脚の付け根から軽く前傾させた姿勢です。そのとき左手を上から見ると、人差し指と中指の付け根の関節(ナックル)が2つ見えるはずです。この手の向きでグリップするとインパクトでも同じ位置に戻りやすくなります。スイング中における合理的なグリップがここにあります。

画像1

画像2

【左手】
だらりと下げた左手の向きのままグリップすると、親指はシャフトのセンターよりやや右になります。ツーナックルもそのままです。
①左手の人差し指と中指の付け根の関節が見えるようにグリップする。
②クラブを指だけで握るのではなく、指と手のひらにまたがって、中・薬・小指の3本を意識して握る。
③親指と人差し指でY字型を作るように握る。グリップエンドを少し余して握る。
④親指と人差し指の付け根がつくるY字型の延長は、首筋の右側と右肩の間を指す。

画像3

画像4

画像5

画像6

【右手】
左手のグリップができたら次は右手です。右手は強打するための手です。しかしタイミングを誤ると大変です。腕力、握力の強さがボールを飛ばす元になるとは限りません。
①右手のひらを開いてクラブの右横からあてがい、中・薬指をグリップにかけて握る。親指と人差し指はY字型を作るように握る。
②右手の小指を左手の指に重ねる。こうすると右手の効きすぎをコントロールして、正しいスイングができる。これがオーバーラッピンググリップ。
③右手の親指と人差し指の付け根にできるY字型は首筋の右側を指す。

画像7

画像8

画像9

【両手】
両手が一体となって働くように左右のバランスが大事です。両手を密着させ、右手のひらで左手の親指を包み込むようにします。右手が強すぎないように注意しましょう。左手は固くならない程度に中指、薬指、小指を意識して握り、右手も中指と薬指がポイントです。左右の握りのバランスをうまく保ってスイングすることにより、正確に飛ぶボールが打てるのです。
①右手のひらで左親指を包むように握る。
②完成したグリップを右に回してチェックする。右手の中・薬指がポイント。
③次にグリップを左へ回してチェックする。左手の中・薬指・小指がポイントで、この3本の指がスイング中のクラブをコントロールする。

画像10

画像11

画像12

ページトップへ